B2B 対 B2C SEO: 違いは何ですか?

公開: 2021-06-29

ビジネスに特化した SEO 戦略が必要な理由を学びましょう。

企業間 (B2B) 検索エンジン最適化 (SEO) は、ターゲットを絞ったトラフィックとエンゲージメントを促進する可能性のあるすべてのキーワードと検索の機会にわたって、検索エンジンの結果で B2B Web サイトの可視性を最大化するプロセスです。 B2B と B2C SEO の違いは、検索結果での可視性を達成するために必要な戦略と戦術です。 SEO に影響する主な違いは次のとおりです。

  1. 販売サイクルの複雑さと長さ
  2. ランク付けされる可能性が最も高いコンテンツのタイプ
  3. ボリュームの少ないキーワードのキーワード値
  4. eコマースとリードジェネレーション
  5. アカウントベースのマーケティング

B2B SEO の定義とこれらの差別化要因のニュアンスを理解することで、最適なビジネス成果を生み出す、より効果的な SEO 戦略を策定できます。

1. 販売サイクルの長さ

通常、B2B ビジネス モデルの販売サイクルは長く、ユーザー ジャーニーははるかに長くなります。 そのジャーニーには、典型的な B2C ユーザー ジャーニーよりも多くのタッチポイントがあり、潜在的な購入者に伝える必要のある情報が多くなります。 その結果、購入サイクルのさまざまな段階に対応するさまざまな種類のコンテンツが存在します。 ガートナーは、購入サイクルの 6 つの段階を定義しています。

  1. 問題の識別
  2. ソリューションの探索
  3. 要件の構築
  4. サプライヤーの選択
  5. ソリューションの検証
  6. 合意形成

これらの各フェーズには、購入者のニーズに対応する一連の潜在的なキーワードがあります。 多くの場合、購入者は、購入サイクルでさまざまな役割を持つ多数の個人で構成される組織です。 そのため、コンテンツの量と、そのコンテンツに必要なさまざまな声とユーザーの関心は、多くの場合、B2C ビジネス モデル/Web サイトよりもはるかに複雑です。 したがって、検索結果でこれらのキーワードの可視性を達成するためのキーワード調査とコンテンツ戦略もより複雑になります。

SEO のベスト プラクティスと特定の SEO コンテンツ イニシアチブをより大きなマーケティング戦略に合わせることは、特に困難な場合があります。 大規模な B2B 組織の SEO 目標をコンテンツ作成計画に統合するには、マーケティング チーム内のさまざまな利害関係者に対して、多くの計画、コラボレーション、および多くの場合、かなりの量の教育が必要です。 これは、潜在的な購入者との直接的な相関関係が少ない、目標到達プロセスの上部にある情報コンテンツに特に当てはまります。

2. ランク付けされる可能性が最も高いコンテンツのタイプ

B2B 企業は、SEO の考慮事項に関係なく、認知度を高めるための情報コンテンツを必要としています。 ただし、現在の検索エンジンの状況を考えると、特に Google の場合、これまで以上に重要になっています。 以前は、Google が意図、エンティティ、またはセマンティックな関係を理解し​​ていなかった時期がありました。 当時、最も強力なリンク接続を持つコンテンツは、コンテンツの種類に関係なく、関連するキーワードの検索エンジン ランキングを所有していました。 過去 10 年間で、検索エンジンのアルゴリズムが進歩したため、検索エンジンはユーザーのクエリにより具体的な情報を提供できるようになりました。 多くの非ブランドの幅広いキーワードの場合、これは情報やリソース指向のコンテンツに重点を置き、目標到達プロセスの上位または認知度を重視することを意味します。

つまり、以前は企業のソリューション ページが大半を占めていた B2B 検索結果は、特定のソリューション、ソフトウェア、またはサービスを含むページではなく、主に定義ページ、関連するブログ投稿、および情報収集と調査を容易にするその他のリソースになっています。

たとえば、「ネットワーク セキュリティ」というキーワード フレーズを考えてみましょう。 2021 年 5 月 20 日に Google でこのキーワード フレーズをデスクトップ検索すると、「ネットワーク セキュリティとは」というフレーズをタイトルに含むトップ 10 サイトのうち 6 つが表示されます。

これには、同じタイトルの強調スニペットは含まれません。 トップ 10 の残りの 4 ページのうち 2 ページはブログ記事で、1 ページはウィキペディアのページで、最後に残ったページはネットワーク セキュリティのオンライン コースです。 トップ 10 ページのいずれも、ネットワーク セキュリティ会社の製品またはサービスを説明するためのページではありません。 ただし、「what is」ページの多くは、それらのソリューションを提供する企業に属しています。

さまざまな種類のリソース、教育および情報コンテンツによって支配される検索結果を生成するキーワード フレーズの例は他にもたくさんあります。 B2B 組織がターゲットにしているキーワードの検索結果を評価し、それらのキーワードでランク付けされる可能性が最も高いコンテンツの種類を理解することは、SEO コンテンツ戦略の重要な部分です。 その SEO 戦略をより広範なコンテンツ マーケティング戦略に統合するために必要な課題と解決策は、B2B と B2C の検索エンジン最適化の主な違いの 1 つです。 場合によっては、B2C Web サイトもこの種の情報バイアスを持つキーワードをターゲットにしていますが、多くの場合、そうではありません。 コンテンツ戦略は、B2B と B2C SEO の最大の違いの 1 つです。

3. ボリュームの少ないキーワードのキーワード値

ほとんどの B2B Web サイトと B2C Web サイトのもう 1 つの大きな違いは、個々の訪問の潜在的な価値、つまりロングテールでボリュームの少ないキーワードからのトラフィックの潜在的な価値です。 ロングテール キーワードからのトラフィックは、B2B ビジネスと B2C ビジネスの両方にとって重要です。 ただし、多くの B2B ソリューションの価格は B2C 製品の価格と比べて高いため、各訪問の相対価値は指数関数的に高くなる可能性があります。 明らかに、これは非常に一般化されたものですが、B2C Web サイトよりも B2B Web サイトの成功の測定として全体的なトラフィック量が正確ではないことに相関しています。

これにより、B2C サイトとは対照的に、大量のトラフィックをもたらすターゲットを絞り込んだキーワード ランキングの方が収益性が高くなる可能性があるのに対し、高度にターゲットを絞ったボリュームの少ないキーワード ランキングに大きな価値が置かれます。 これら 2 つの考え方の違いは、どこに焦点を当てるか、およびコンテンツ戦略やリンク獲得戦略などの SEO 戦略のさまざまな側面に影響を与えます。 さらに、成功を測定するために使用する KPI を根本的に変える可能性があります。

4. eコマースとリードジェネレーション

B2B Web サイトと B2C Web サイトの最大の違いの 1 つは、B2B Web サイトの大多数には最適化が必要な e コマース プラットフォームがないことです。 B2B Web サイトは通常、リードジェネレーションとエンゲージメント指標に重点を置いていますが、B2C Web サイトは売上と収益に重点を置いている傾向があります。 SEO の観点からは、B2B サイトは通常、データ フィードの最適化、多数の製品にわたる画像の最適化、または通常多くの技術的問題を抱える e コマース プラットフォームに時間を費やす必要がないことを意味します。 逆に、より多くの情報コンテンツを含む傾向がある B2B サイトでは、そのコンテンツをクロスリンクし、可視性を最大化し、ページ ランク フローを改善し、全体的なサイト アーキテクチャを維持する方法で新しいコンテンツをユーザー ジャーニーに統合するためのより洗練された戦略が必要です。できるだけ平らに。 これは、複数のチーム、複数のプラットフォーム、複数のサイト セクションまたはサブドメイン、および数千とは言わないまでも数百の既存の Web ページにまたがるエンタープライズ環境では特に困難な場合があります。

5. アカウントベースのマーケティング (ABM)

B2B マーケターでない場合、「アカウントベースのマーケティングとは何ですか?」と疑問に思うかもしれません。 または、よく言及されるように、ABM. ABM は、企業が理想的な顧客プロファイルにどの程度一致しているかに基づいて、追求すべきターゲット企業のリストを特定するマーケティング戦略です。 これは、ABM が特定の顧客のリストを前もって定義し、次にそれらの顧客に具体的に売り込むという点で、リードジェネレーション戦略とは異なります。 これは、いくつかの異なる方法で SEO に影響を与えます。

1 つ目は、コンテンツとキーワードの成功の評価方法が変わることです。 リード ジェネレーション マーケティング戦略を採用している企業は、通常、ランキング、トラフィック、エンゲージメントを SEO プログラムの主要な KPI として挙げています。 ABM には、ターゲット アカウント リストによって生成されたアクティビティの量と、ターゲット アカウント リスト全体で成功した結果をもたらしたアクティビティの量を尋ねる追加のフィルターが必要です。 この焦点の変化は、キーワードのランキングや最も重要なコンテンツの価値に変化をもたらす可能性があります。 また、SEO の戦略と優先順位に劇的な影響を与える可能性があります。特に、ターゲット企業とブランド以外のキーワードでランク付けされた情報コンテンツとの間のエンゲージメントが意図のシグナルとして活用される場合はそうです。

ABM が SEO に影響を与える 2 つ目の方法は、ブランド関連の検索ランキングに新たに注目することです。 具体的には、どのページ ターゲット アカウントがエンゲージする可能性が最も高く、どのブランド関連のキーワードがそれらのページへのトラフィックの大部分をもたらしているかを調べます。 その評価で発見されたキーワードには特別な注意が必要です。 評判の管理が必要になります。つまり、これらの用語で上位 20 位にランクされたものはすべて否定的な感情で評価され、それに応じて対処されるようにする必要があります。 ABM キャンペーンは、適切な人々にビジネスに関与してもらうために多くの時間とエネルギーを費やしますが、ユーザーが否定的なメッセージにさらされると、そのすべての努力が無駄になる可能性があります。 評判の管理とブランド関連の検索ランキングに一貫したアプローチをとることは、SEO プログラムの重要な部分です。 とはいえ、すべてのユニーク ユーザーの価値が莫大になる可能性がある B2B ABM キャンペーンでは特に重要です。

B2B 対 B2C SEO のまとめ

B2B と B2C の SEO キャンペーンの違いは、必ずしも白黒ではありません。 一部の B2B Web サイトには e コマース プラットフォームがあります。 逆に、一部の B2C Web サイトには膨大な量の教育コンテンツがあります。 一般に、B2B スペースでより成功するのに役立つ特定の戦略を策定し、「B2B SEO とは何か?」という質問に答えるために、この記事で説明した B2B SEO と B2C SEO の違いを理解することが重要です。 これを最後にきっぱりと。